振袖レンタルで汚してしまった場合

人生で振袖を着る機会としては、やはり成人式が多くみられるでしょう。私服で成人式に出席する人も見られますが、多くの人が振袖を着用しています。

多くの人が振袖レンタルを使用することになるかと思いますが、レンタルをした時に一番気になることが汚してしまったときの対応です。
もしも天気が悪くて、雨で泥はねをしてしまったり、会場でジュースやお酒をこぼしてしまったりと、せっかくの振袖を汚す可能性も大いに考えられます。

もしもジュースや食べ物、口紅などで振袖を汚してしまった場合には、まずは応急処置を行いましょう。
ジュースなどをこぼしてしまった場合には、裏にあて布をして、ハンカチやティッシュを振袖の裏にあてて、水できつくしぼったタオルでたたいて汚れを落としていきましょう。これでシミはだいぶ落とすことができるでしょう。

振袖レンタルの場合には、多くの場合、着用での汚れのお手入れ代も含まれているので、着用後は何も手をつけずにそのまま返すことが普通です。

振袖を貸し出すということは、通常の状態で着用した際の汗や軽い汚れはついて当たり前です。これらに対して不当な請求をしてくる業者は違法となります。

レンタル業者の中には、たとえ汚してもお手入れをせずに戻してくださいというところも多いでしょう。
これは素人が汚れを落とそうとすることによって、生地を傷めて、元に戻らないことが考えられます。

弁償を要求されることとしては、通常の状態では予測できないようなマジックやペンキなどの付着が挙げられます。この場合、補修費用は実費の請求となるでしょう。
出典:神戸の振袖レンタル店で評判の良い人気ランキング